女子マラソン

いやー大ちょんぼです。寝坊してしまいました。

幸いにもホテルの近くがコースだったので、なんとか間に合いました。

長居での応援はあきらめました。

ラスト日本選手頑張れ!

Img_0463

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長野遠征記

先週の長野マラソン遠征、ここ数年は北摂URCのチームメイトと一緒に参加している。宿は、横浜に住んでいたときにトレイルのパートナーだったIさんの姉夫婦が経営されている斑尾高原にあるペンションクローバーさんにお世話になっている。

今回は、月曜日を休みにして、2泊3日の旅となった。でも、日曜日のホテルを予約したのは、出発直前の金曜夜、ぎりぎりの決定でした。

土曜日、大阪から車で移動するコーモンさまとBOSSに名古屋に立ち寄って頂き、長野までご一緒した。 一足早く長野入りし、午前中は釣りを楽しんだIさんと長野駅で合流。揃って受付のビッグハットに向かう。 今年は、フェアウェルパーティーに出席することにしていたので、ここでチケットを購入。その後、サブスリーに挑戦のご一行を待つため、しばし休息。

Dsc00031

そうこうしているうちに、サブスリーに挑戦のお二人到着。今回は残念でしたが、達成は近そうですね。その前にサロマですね。今年は私も出場予定です。

Dsc00032

お二人を見送ったあと、本日のお宿のある斑尾高原へ向かう。ここにお世話になるのも今回で3回目になる。

Img_0074

こちらのペンションをこの地で始められて、もう30年以上もたっているそうである。写真は息子さんがその30年のお祝いに贈られたものだそうだ。近々ご結婚されるそうです。おめでとうございます。

P1000024

で、まずはお風呂。近くにある温泉へ。ここも3回目かな。

P1000025

風呂からあがれば、もちろん明日に向けての腹ごしらえ。ここの料理は最高です。とにかくバラエティに富んでます。本日は、昼間に採って頂いた山菜料理中心のヘルシーなメューになりました。

Img_0068

そうこうしているうちに、みなさん出来上がってきた。明日大丈夫か?

Dsc00033

2日目、1名リタイヤしたものの。レースは無事終了。多少暑かったけど、まめに給水をとれば問題はなかったです。

レース後、フェアウェルパーティに出席する前に、チェックイン。パーティが行われるホテルに泊まったので、続々と選手たちも戻ってくる。ここでたまたまゲストで応援に来ていた千葉ちゃんを偶然発見。記念写真を撮らせて頂いたが、なんと失敗してしまった。ショック。

しばし、休憩(といっても45分くらい)のあと、パーティ会場へ。参加料はわずか1000円にもかかわらず、いくらでも飲める、食える、選手たちとは身近にふれあえるなかなかよかったです。入賞者のみなさんです。

Img_0077 Img_0078

わたしも、世界の2人のメダリストに記念写真をお願いしました。こんどは成功。それにしてもみなさん、親切丁寧に応じてくださいました。

Dsc00034 Dsc00035

パーティも2時間で終了。スポンサーからのお土産つきです。自宅の冷蔵庫には湘南マラソンの前に節酒するため、入れないようにしていたので、久しぶりにうちの冷蔵庫入りです。当たり前ですが、もうありません。

Img_0130

パーティが終わっても、まだ18時だ。この日は、5時におきているだけに1日は長い。腹ごなしに善光寺さんまで散策。そして、そのあとは部屋で宴会の続きです。しかし、結局21時くらいにはお開きとなった。

Img_0088_1

翌朝、早く寝たこともあり、6時30分に起床。少し、ホテルの周りをジョッグ。昨日、日本人1位となった愛知製鋼の上條選手、トヨタ紡織の榎木選手をみかけた。上條選手はジョッグ、榎木選手はお散歩、どっちがよいのでしょう?

また、長野は桜が満開。ここでもう一度満開の桜をみることができるのも、毎年長野に来る理由でもある。今年は暖冬だったので、一時は咲いたあとかなと心配していたが、今年もほんとにいい時期に来れた。

善光寺さんも。

Img_0092

上田城跡でも。

Img_0097

松本城でも。

Img_0122 Img_0118

という訳で、観光気分いっぱいの長野遠征でした。

これから、山岳、ウルトラモードに入ります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

富士山図鑑

青梅マラソンの記事を見てふと作りたくなった。
意外に少なくて、残念。

昨年の富士登山競走の翌日の朝、富士パインズパークからみた富士山。
富士山はやはり雪がないととも思うのでベストショットではないけれど、いちばんクリアにみえたのがこれだ。旅館の大将もなかなかこんな富士山は見れないとおっしゃってた。

P1000109

同じ日に旅館の表と裏側で見た景色

P1000106

P1000112

一昨年の秋、両親と箱根を旅行した際に、大湧谷から見た景色。この日はこのポイントでしか見れなかった。今年の箱根トレイルでは、きれいな富士山をみたいものだ。

Dsc01062

昨年のハセツネで、浅間峠に向かう途中で見た景色。写真には取れなかったけど、月明かりに照らされて夜になっても見えていた。

P1020008_1

少しわかりにくいが、陣馬山山頂からの景色。昨年、高尾陣馬走り納めの際に見たものです。

P1000085

最後に、富士山の上から見た景色。一昨年、唯一普通の登山として登ったときのご来光の写真だ。山中湖もくっきりみえて、感動的でした。

Dsc01008

思いは、この夏この頂上に必ずたどり着くことだ。今年は必ず達成するぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お江戸遠征最終日

お江戸遠征最終日のその前に、初日の大事なことを忘れた。梅の湯のあと、yon5gさんの一声で、炭やさんに向かう。半蔵門駅に着くも、yon5gさんも正確な場所はわかっていなくて、しばらくうろうろ。やっと見つけたと思ったら、残念ながらお休み。近くのさくらへ向かった。まっ、梅の湯の後らしくてこれはこれでよかったのではないだろうか。炭やさんは次の楽しみということで。

そして最終日、一応琉球連合のみなさんには、8時に海浜幕張着で行きますと伝えてあったが、とくに合わせていた訳ではなかった。でも現地でなんとかなるやろと。ちょっと早めの7時40分くらいについて、駅でトイレを済ませていると、iwakiさんが8時過ぎに着くとメールが、お待ちすることにする。じきにiwakiさん登場。皇居の送別会以来だ。いやほんとに久しぶり。二人で、マリンスタジアムに向かっていると、kenちゃんからiwakiさんに今起きたと電話が入る。何しとんねん。

今回は、アミノ千葉が発展的して結成された「LAMPROS」さんに合流させて頂いた。リーダーであり、今回は応援団長であるさわっちさん始め、噂どおり結束力は高そうだ。

レースは、先日の記事のとおりだが、途中10km過ぎの折り返しで大きな声で後ろからしたと思ったら、yon5gさんだった。後できいたら、ずっとあの調子だったそうだ。熱い声援ありがとうございました。

Dsc00027

レース終了後、着替えてストレッチしてると、アミノ千葉のコーチでもあった市河麻由美さんが陣中見舞いに現れた。iwakiさんのおはからいで、握手していただいた。どうやら梅の湯VIPということはインプットして頂いていたようだった。iwakiさんブログ偉大なり。貴重品(携帯)を預けていたので、写真が取れなかったのが心残り。。。

Dsc00025続いて、レース後の宴会の発起人と聞いている前河先生到着。前河先生にお会いするのは、3-4年ぶりだろう。といっても、以前@runnnerのキャンプに参加した際にコーチで来られていたためで、もちろん先生は私のことなどご記憶ないだろうが。そのときに聞いたフラット走法の話は印象的だった。こんどは記念写真を撮らせて頂いた。

この後は、その宴会に参加をさせて頂く。ほとんど飛び入りのような形の参加だったものの、みなさん気さくに話せる方ばかりだった。残念ながら、話ができなかったかたもたくさんいらっしゃるので、また参加できたらなと思う。

楽しい2日間でした。

Dsc00026_1 

iwakiさん写真頂きました。そしてありがとうございました。

(お詫び)市河さんの字を間違ってました。訂正いたしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お江戸遠征第1日目

週末の千葉マリン、可能ならば日帰りが理想であったが、始発で出ても海浜幕張到着が9時過ぎになることがわかり、あっさり断念。前泊を選択した。

約半年振りの東京。前日の選択肢は皇居ラン。

前日、yon5gさんが一緒に走ってくれるという連絡がある。というかどうしても皇居を走りたいという私のわがままに応えて頂いた。先輩感謝。

皇居練習の際に、拠点としていた梅の湯開店の15時に到着すると、すでにyon5gさん着替え中。さらに、以前はなかった「マラソンの皆様へ。シューズは脱衣場に持ち込まないでください」という張り紙が。利用者が増えているとは聞いていたが、まさにそれをあらわしている。

スタート時、天気は小雨。まあ、そんなことは気にする柄でもない。竹橋に着くと、結構たくさんの人が走っている。以前はこんな時期にこんな人はいなかった。ホノルルは終わったとはいえ、東京マラソンの影響だろうな。

Dsc00001_3 練習は、24分くらいのペースで4周。気持ちよく走れた。翌日のハーフのことを思えば、メリハリもない中途半端な内容だが、もともとよく考えてなかったので、しょうがない。とにかく皇居に入って、梅の湯に久しぶりにつけかれたことで満足だ。

2日目は、iwakiさんの写真が到着次第アップ予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週は京都

今週末は京都へ。土曜日は会社の後輩の結婚披露宴に招待頂いた。正確に云うと前の職場、職場結婚というやつだ。二人とも一緒に仕事をしたことのある後輩で、新婦は私より1年早く転勤したが、そこから1年というスピードである。そこから始まったらしいが。。。

ということは、上司も同じ。私のテーブルは前の会社の同窓会。久しぶりの再開にそれはそれで、楽しかった。前の職場の招待客は、新郎新婦の同期くらいの人を除けば、私を含め7名、うち5人はいわば上司的な存在なので、私ともう1名が同僚的な立場だ。そのもう1名は、それこそ寝食をともにした時期もありそうな仕事上も濃い関係のあったなかだが、私といえば新郎新婦ともに一緒に仕事をしたが、それに比べればかなり薄い。冷静に考えると、なんで俺ここにいるのと思ってしまう。

でも、そんななかで招待客の一人として選んでくれたのだから、お二人になにかしら大事な先輩と思ってもらったのだろうと考えよう。やっぱり、人のつながりって大事やなといろいろ考えた披露宴でした。もちろん、披露宴も素敵でしたよ。

披露宴終了後に、前の職場の仲間と延長戦を楽しんだ後、京都に住む妹夫婦が6月に新築した家をみせてもらうために、1泊お世話になることに。お世話になるということは、小学校1年と4歳になった姪と確実に遊ぶことになるが、今回も案の定である。

Dsc00001_1 Dsc00002 たまにしか会わないこともあるが、子供の成長は早い。近所の公園に行くと、ブランコをびゅんびゅん漕ぎ始める。ちょっと、前までは考えられなかったけど、小学生になるとあのくらいできるんだと感心。私も、一番高い鉄棒で逆上がりをして、「すごーい」と感心され、大人の威厳をみせる。楽しかったけど、先週と同じくらい疲れた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)