« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

隔離してます

東京マラソンで走りながら、キョロキョロしすぎたのか?火曜日の午後くらいから左目が気になりはじめ、そうこうしているうちに涙が止まらなくなるわ、目やには出続けるわで悲惨な状態になりました。

まあ、一晩寝れば治るだろうという安易な期待はみごとにはずれ、翌水曜日も症状は続き、午後からは右目にも伝染する始末でした。たまらず、会社近くの病院に行こうと思ったら、なんと水曜午後は休診。昨日はひたすら耐えることになりました。

本日、とりあえず涙目と目やには止まりましたが、両目ともひどい充血で悲しい表情です。是非もなく、朝一で昨日行けなかった会社近くの病院に飛び込んだのでした。

見ていただいたところ、

ドクター「はやり目の可能性がありますね。伝染しやすいので会社休まれたほうがいいですね。診断書書きますよ。」
私「伝染ってどういうふうにうつるんですか?」
ドクター「ウィルスですからね。接客業なんかだとよくないですね。人と接しますから。お仕事はどんなことされてます?」
私「デスクワーク中心ですが。」
ドクター「極力目に触らないようにして、触った場合は必ず手を洗ってなるべく他の人と接触をさければ、まあなんとか大丈夫でしょうけど。」

てな感じでした。とりあえず、2,3日で充血がひけば、そんな重症ではないようです。月曜日に再度診察を受けることになりました。

どうしたものか、上司と相談し、大事な会議や緊急な仕事もないことから、本日と明日休みを取ることにしました。週明けまで会社から隔離状態となります。

帰り際、多少の引継ぎ事項を同僚に話したところ、どう見ても病人だと言われました。見た目はそうとう怪しいみたいです。

ただ、冷静になって考えてみるとはやり目で会社休むなんて聞いたことないし、このリンクをみると、なんとなく子供がかかる病気ではないかという気もします。

ともかく、無茶苦茶元気な安静状態です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

We made it together

いよいよ東京マラソンが今週末に近づいてきましたrun。たぶん、これまでのレースよりも違う雰囲気を味わえるのではないかと楽しみにしています。

この記事のタイトル「We made it together」ですが、第1回大会で記録証を入れた封筒に添えられた言葉だそうです。フィニッシュしたランナーに、ランナーだけでなく、応援した人、ボランティアの人たち、裏方さんみんなでやり遂げたという思いが込められているそうです。

ベースボールマガジン社から、「東京マラソン」という新書が出ています。この本は東京マラソン開催の実務責任者であった遠藤雅彦氏のもので、上記のようなものを初め、東京マラソン誕生までのさまざまなお話が書かれています。

何故3万人なのかとか、コース設計の話、スタートの演出の話など、これを読めば東京マラソンを10倍楽しめるといえるかもわかりません。2,3時間あれば読める内容になっていますのでお勧めです。

今年は、運良く私もランナーとして出場することができます。これまでにない、一体感を味わいたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今週はこちらも

今日は予報どおり、10時過ぎからパラパラと雪が降り始め、昼過ぎには一面真っ白になってしまいましたsnow。先週の関東地方と同じくらいの積もり具合です。ついさきほど、雨に変わりましたがこのぶんでは、明朝は歩行注意となりそうですannoy

いつもの川沿いのランニングコースも雪景色です。

Img_0841

その雪の降り始めたころから、東山一万歩コースのクロカン部分を1時間ほど走ったあと、名城大のトラックで200mのインターバルをしました。トラックを走る頃には、足元は雪で、地面を蹴ることがほとんどできませんでした。そういうときこそ、地面に足をしっかりと着地させて走ることが必要で、体幹を使って走るということを実感できたような気がしています。思い過ごしかもわかりませんが。

P1000062

関東は、明日の朝にかけて降るようですが、今週末のレースも中止になるかもわかりません。Jognoteで見た感じではあまり大きな大会はなさそうですが。

Img_0839 

続きを読む "今週はこちらも"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京遠征

あっという間に今年も2月になってしまいました。

今年は、できるだけ毎日走るようにしようと、朝夜を問わず時間があれば走ろうと決意してスタートしました。それが、ブログを書けない原因といえば、言いすぎのような気もしますが、まだ板についたとは言えないのでしばらくこの調子が続くでしょう。

さて、この週末は青梅マラソン出場のため東京に行きました。私と青梅マラソンとの付き合いは長く、今年で12回目の出場となるはずでした。。。

前日の土曜日は、陸連主催のランニングクリニックに参加しました。豪華コーチ陣で有名なイベントですが、参加する機会がなく前から一度参加してみたいと思っていました。今回、たまたま青梅マラソンの前日ということで申し込んでみたのです。

全体的にあわただしかったですが、なかなか充実のクリニックでした。私が受講したのは次のようなものです。

フラット走法 前河コーチ

フラット走法といえば、前河先生。以前にもお話をお聞きしたことはあるのですが、今回改めて新鮮な感覚で聴くことができました。あとはどこまで取り入れることができるか。

筋トレ&ストレッチ 渡嘉敷コーチ

筋トレ中心でした。スタビリライゼーションは是非とりいれたいと思います。左右のバランスの悪さも改めて認識できました。翌日は、みょうーな筋肉痛が。

相談会 安田コーチ

私の中級レベルは、安田、渡嘉敷、鍋倉というコーチ陣のどこかのグループに入るのですが、迷ったあげくランナーズでもよく登場される新日鉄君津の安田亨平コーチのグループに入りました。いろいろ参考になる話が聞けました。

そのあとは、LAMPROSさんの軽い飲み会に参加。遅れていったという理由でごちそうになりました。すいませんお気をつかわせまして。東京マラソンでもよろしくです。

翌日のレースのあるかたや他にももろもろあり、早々にお開きとなり、方向が同じのjkさんとホームで電車を待ちながら、携帯で翌日の天気を確認すると、なんと雪だるまマーク。この時点で中止をほぼ確信しました。

日付が変わる頃から冷たい雨が降り始め、TheEND。

青梅マラソンは、前回の1996年の大会の中止も経験してます。このときは所沢に住んでましたが、今回のような遠征レースでの中止は初体験です。

長く走ってるといろんなことがあるものです。

なによりも、ちょっと気合を入れて走ろうと思っていただけに残念です。

東京マラソンのお天気を祈りましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »