« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

断念

只今、7月27日の午前1時を過ぎたところです。

富士登山競走のスタートまで、6時間を切った訳ですが、私は現在名古屋の自宅でブログに記事を書いています。

つまり、今年は富士登山競走のスタートラインに立てないことになりました。

何度かこのブログにも書いてきましたが、今年の最大目標としていただけに、残念というか。。。言葉がみつかりません。

いや、いろいろあって、というか理由はひとつしかありませんが。

最後まで出場の可能性を信じましたが、往生際悪く今朝になって、いつも宿のお世話をして頂いているもりっち先輩にお電話をしました。

当日キャンセルなのに、お代はいいそうです。大黒屋さんです。いつもありがとうございます。もりっち先輩、来年の予約お願いしますね。

出場されるみなさん、頂上目指して頑張ってください。

私は、ドコモのiチャネルを使ってますが、毎日星座占いが配信されます。

おとめ座の私の7月26日の運勢は、全体運 12位
「嫌なことは忘れて。気持ちを切り替えよう」
だ、そうです。

余計なお世話ですが、おっしゃるとおりです。

でも、そう簡単に気持ちも切り替わらんわな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

好ゲームだったけど

交流試合が終わり、リーグ戦も再開。今回は、福井、岐阜と地方を回り1試合だけナゴヤドームでのゲームがあった。なんとか、行けそうな状況だったので山口出身の入社2年目の若手を誘って、今シーズン初観戦が実現した。

前日、HPで確認したところ、レフト側のビジター席は既に売り切れ。チケット売り場で、ビジター席の近くにしてと頼むと、売り場のお姉さんはしばらく隣のかたと相談していたが、申し訳ございませんが、コンピュータで発券してますのでとのお答え。いや、無理にとは言いませんからと、チケットを受け取り、今日はドラゴンズファンに囲まれて静かに観戦するのかなと思ったが、結果的にそれは杞憂に終わることになる。

席に着いた3回表、いきなりツーアウトだが満塁のチャンス。バッターは新井。走者一掃の先制ツーベース。レフと側カープ応援席はいきなり、宮島さんの大合唱です。

P1000027

でも、私の周りはドラゴンズファンが多勢、このときは静かにガッツポーズ。が、後ろを見ると、元気な兄ちゃんがいるではないか。この兄ちゃんの元気なこと。試合はこの後、壮絶な打ち合いを繰り広げ、そのたびに両応援は盛り上がりましたが、私の周りはというとその元気な兄ちゃんのおかげで、ドラゴンズファンが一人去り、二人去り、逆にカープファンが一人増え、二人増え、ぽっかり空いた空間に、7,8人のカープ応援席で大盛り上がりでした。

そんな盛り上げりもむなしく、試合は惜敗。また、来月のナゴヤドーム、市民球場の試合を楽しみにしたいと思います。

そんな盛り上がりに思わず応援グッズを購入してはしゃいできました。

Img_0274

ところで、昨日の岐阜の試合は雨で中止。ということは、10月くらいにナゴヤドームで組まれることになります。なんとか消化ゲームでなく、クライマックスシリーズを賭けた戦いであって欲しいと今は祈るのみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第22回サロマ湖100kmウルトラマラソン

今回で3回目の出場となった第22回サロマ湖ウルトラマラソンからほぼ1週間がたった。この大会は、数あるウルトラマラソンのなかでも、初めて100kmを走った大会ということもあるのだろうが、いつも気合の入るレースである。今回も、レースが近づくにつれ気持ちは高まっていった。

前日、名古屋は最高気温が30度を超える予報が出ていた。前日早く寝たこともあり、5時に起床したが、すでに朝から日差しが強い。とりあえず、暑い名古屋から北の地に飛び立つ。

Img_0233

女満別に向かう機中1ヵ月後に挑むあの山が雲の間から顔を出す。まだ、結構雪をかぶっているようだ。こうして見ると小さいけど、まだあと1ヶ月もうひとふん張り。

Img_0244

女満別空港に降り立つと、名古屋とはうって変わって寒いこと。上着がないと厳しい。でも、暑いのはあまり得意でない私にとっては好都合。天気はあまり良い予報ではないが、暑くなるよりはましだ。

今回のレースの目標は、前回のタイムを上回り11時間をきりたいという思いはあったものの、萩往還を断念したり、箱根で腰痛を発症したり、ここ2ヶ月くらい思うように走れてなかったこともあり、走ってみないとなんとも言えんという状況だった。最終的には、100kmをちゃんと走りきるという気持ちでレースに臨んだ。

レース当日、今回は現時点でのベストを尽くすため、レースに集中することとしたため、ほとんど写真はなし。一応、スタート地点の雰囲気はこんな感じ。

Img_0251

スタート時、少し肌寒かったのでアームウォーマーを着用。5時スタート、走るにはちょうど良い絶好のコンディション、かといって飛ばすわけでもなく、体の動くまま歩を進める。10km55分台、ちょっと早いかなという感じ。30キロ前後で、早くもランニングハイ状態を感じ、35付近でトイレに行ったことを考慮すると、40kmまでは60分以内のペースというかつてない良いペースで進む。このレースは、フルマラソンの距離に表示があるが、だいたい4時間7分くらいで通過する。フルでちょっとつぶれるとこのくらいのタイムになることがあるので、それを考えると自分でも気持ち悪いくらい快調そのものだった。

でもこのあたりから、さすがに足にきはじめペースが徐々に落ちる。ただ、今回はカーボショッツをまめに補給したことがよかったのか、極端に血糖値が落ち込むこともなく、70kmくらいまでは結構気分よく走れた。80kmからはワッカ原生花園に入り、他のランナーとすれ違うため結構ここからは踏ん張れる。いい加減足が悲鳴をあげていたがとりあえず、80kmを目指し頑張る。ワッカの入り口でなんとかぎりぎり、チームメートのポカリと遭遇。あまり、元気そうでなかったので心配だったが、7位でオランダ切符をゲットしたようだ。

そこから先は、足の痛みと闘いつつ進むが、ワッカに入って安心したか、補給ミスで90km付近で血糖値が下がり、大失速。ただ、この時点で11時間はまず大丈夫というところまで来ていたので、ここからは粘りの走りでゴールしました。ラスト3kmは雨が降ってきましたが、やはりサロマのゴールは格別です。結果的に、11時間を切り自己ベストという目標を達成できました。

ゴール後、かなり足は筋肉痛。しかしこれは、久しぶりに出し切ったという満足感です。

アフターランパーティ、珍しく今回はレース中あまり食べなかったので、とりあえず飲む、食う。

Dsc00043

Dsc00044

翌日、ホテル近くの網走湖を散歩。雨が降っていたこともあるが、とても走れません。

Img_0259

その後、つかの間の観光後、帰途につきました。

Img_0260

100kmには、サブテンという一つの目安があります。まだ50分ありますが、今回のレースで指先1本かかったという手ごたえはありました。なんとか達成したいものです。

10k 50:40
20k 1:52:56(57:16)
30k 2:52:34(59:38)
40k 3:54:42(62:08) 
50k  4:58:24(63:42)
60k  6:10:27(71:03)
70k  7:17:18(66:51)
80k  8:26:08(68:50)
90k  9:36:40(70:32)
G  10:49:13(72:33)

<100km自己ベスト記録>

100k一般総合男子   395位/1450人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »