« 第1回みのかも日本昭和村ハーフマラソン大会 | トップページ | お江戸遠征第1日目 »

第31回千葉マリンマラソン

週末は千葉遠征。「第31回千葉マリンマラソン」に出場した。このレース市民マラソンに出場し始めたころから出ているレースで、ちゃんと数えたことはないけど、今回で7,8回目になると思う。始めて出場したとき、広いコースと直線で走りやすいコースが気に入って、記録が出やすいこともあり、比較的コンスタントに出場している。

今回のコースは、2年前に変わったコースだが、出始めたときは、千葉ポートタワーを折り返すコース。
※直線も長く、コーナーも少ないため走りやすい。なによりも、制限時間ぎりぎりのランナーでも、トップランナーとすれ違うことができる。このコースが一番よかったと思います。

何年か前に、今回のコースに近い形に変更。ただし、稲毛海浜公園は経由せず、マリンスタジアムを一度通過し、もう一度引き返すコースだった。

そして、今回問題となった稲毛海浜公園がコースに加わった。

さて、レース。目標は90分切り。前日練習で、腰にはりが残っていたこともあり、あまり自信はなかったがキロ4:15でとりあえず行けるとこまでとスタート。まずまずの心拍数をキープしながら、10kmまではややオーバーながら目標どおりのペースを守る。
12kmのプラカードが見えたところで、やや動きがあやしくなってきたと思った直後くらいに、稲毛海浜公園の入り口が。なんか、早くないか?と実は思った。公園内はカーブも多く、しかも足がへばりかけていたので、粘れ粘れと自分に活をいれながら走っていたが、あっちゅうまに出口が来る。でも、15kmも無いし、給水もない。そうこうしているうちに、17kmだったと思うが、プラカードが見える。時計はそんなに進んでいない。頭に浮かんだのは「これ公認レースやなあ、そんなはずないやろ」ここで、完全にパニック。この先どうなるんでしょう。って感じでした。

その後は、足もとまりつつ、どこかで手違いがあったに違いないと確信したあとは、気持ちもぷっつん。その後失速のゴールでした。

幻の15kmプラカード(残念ながらピンボケ)

Dsc00024

各所で報じられているとおり、今回は先導車のミスにより2350m距離が短く、記録は参考記録となった。

http://www.chibamarathon.jp/contents/owabi.html

この大会(コース)は、陸連公認となっており、それが故に参加している人も少なくないはずで、今回のようなことは決してあってはならないと思う。各種大会の標準記録を狙って出場している人も大勢いると思われ、主催者は、今回の原因と次回への対策を公表すべきではないかと。

ちなみに、私は自爆したため、個人的にはさほど怒りはありません。次回の対策と一緒に、ポートタワー折り返しコースの復活を望みたい。

Dsc00023_1

(今回のレース結果)
5k  21:17
10k 42:44(21:27)
15k --:--:--(--:--) 未通過
20k 1:16:32(33:48) 
G  1:22:27(5:55)
距離 ハーフマラソン - 2.35km

|

« 第1回みのかも日本昭和村ハーフマラソン大会 | トップページ | お江戸遠征第1日目 »

レース」カテゴリの記事

コメント

千葉マリン、お疲れさまでした。
コースが違ってしまうと「参考記録」になるんですね。公認レースなので、がっかりしたランナーも多かったのではないでしょうか。
横田基地はお祭りムードでなかなか楽しかったです。参加賞もなかなか○でした!

投稿: saya | 2007年1月23日 (火) 06時23分

横田組の皆さんもお疲れでした。
横田も昔の良さが失われつつあるような。
長くやってるとしょうがないのかな。
って、単に年とっただけかな。

投稿: val | 2007年1月23日 (火) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149687/13624003

この記事へのトラックバック一覧です: 第31回千葉マリンマラソン:

« 第1回みのかも日本昭和村ハーフマラソン大会 | トップページ | お江戸遠征第1日目 »