« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

水都おおがきハーフマラソン

P1020019 名古屋に来て始めて、近隣のレースに出場した。「水都おおがきハーフマラソン」。意外に大垣までは近く、約1時間で大垣駅到着。そこからはバスで15分くらいで、スタート/ゴール会場の大垣市浅中公園陸上競技場に到着。秋晴れの絶好の天気だ。今日の大垣の最高気温は24度、暑いくらいだ。種目はハーフマラソン、厳しいけど一応4分30分ペースが目標。

競技場に到着後、着替えてアップを始めるも、前日の練習の疲れが残る。体も重く、足は若干筋肉痛。そんななか9:40分スタート。エントリー数が700名という小規模な大会といおこともあり、スタートラインからそう離れていない位置をキープ。それほどロスなくスタートをきる。しかし、体は動かない、結構女性にも先を越される状況。しかし、2km表示の時点で時計を見ると8分40秒。そんな悪いペースではない。さきほどの女性たちは国際ランナーレベルなのでしょう。しばらくは、体の重いまま、心拍もあがらない状態が続く。まるでウルトラマラソンの翌日に走るような感覚。5km23:03、4分30分はでないが悪くはない。5km手前くらいから、少しずつ体が動き始める。が、そこからは5kmごとのラップは落ちるばかり。やはりスピード練習をやってないし、足がだんだん動かなくなっていく。しかし、心拍があまりあがらないこともあり、暑さはそれほど気にならなかった。最後ちょっとだけ頑張って、1時間37分57秒(自分の時計で計測)。この状態なら、まあまあでしょう。

P1020020_1このレース、トヨタ自動車の実業団選手がたくさん出てました。ある意味、大会荒らしやんけ。

そのなかには、オリンピックの代表にもなった現役ばりばり、3000MSC日本記録保持者の岩水選手の名も。

Dsc01223 このレースの所感。参加料2500円という大会で、チャンピオンチップなどの自動計測もなければ、参加賞もいまいち。だが、コースは走りやすく、運営もしっかりしており、とてもよい大会だった。コースを公認コースにして、計測もしっかりやればもっと人の集まる大会になるような気がする。

トヨタの選手たちは、どうやら招待されたという訳ではないようだったが(ほんまはようわかりませんが)、オリンピックにも出た現役バリバリの選手が来ているのだから、紹介くらいはして欲しいと思った。日本の陸上競技の地位を上げるためにも。

レースは午前中で終わったので、大阪勤務時代にお世話になっていた、今は岐阜勤務の先輩と昼飯を食べる。久しぶりにお互い近況などを語り合った。こういう何でも話せる先輩というのはいいものです。

本日の成績(自分の時計)
5k 23:03
10k 46:20(23:17)
15k 1:10:10(23:50)
20k 1:33:21(23:11)
G 1:37:57(4:46)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

シューズ図鑑

今回は、単身赴任の生活yon5gさんのぱくりです。
先週の日曜日シューズを買ったのだが、私もどうせなら図鑑にしようということです。

まずは、先週の日曜に買ったシューズ。

Dsc01209

一気に2足、スポーツデポ砂田橋店で購入。ここは、巨大なスポーツ品の店だが、プロショップではない。アートやB&Dのように、シューズ選びのアドバイスをもらうことは、ちょっと期待できそうにない。シューズは同じメーカの同じモデルでも、モデルチェンジがあると同じサイズでも結構大きさが違ったりする。そういうときに、店員さんからそのときのモデルの特徴を聞いたりしながら、選ぶのはとても参考になるのだ。そういう意味では、名古屋ではそういうお店がまだみつかっていない。

で、今回購入したモデル、左側が、asics GENERACER LS。今回で3代目くらいのモデルになると思うが、購入するのは始めて。前からマラソン用に欲しかったが、なんかタイミングがあわずで、走るのが楽しみだ。これで、青島太平洋は走る予定。好きな色であるオレンジ色が、ポイントに入っているのも嬉しい。

右側は、asics GELFEATHER AS。このモデルは、初代モデルから愛用している。もう何足めかわからないが、今回もニューモデルが出たタイミングで購入。ウルトラ用です。

さて、ここからがシューズ図鑑。シューズは昔からほぼasicsオンリーです。最近は、AdidasやNIKEも日本人に合う靴がでてきたが、昔はなかったから。その流れでここまできてます。思いだせる範囲で新しいほうから。

Dsc01213_2

asics SKYSENSER。このモデルは、ここ数年マラソン用に使っている。これは、今年3月の立川マラソンで購入。ずっと欲しかったのですが、偶然にも大会の出店で出てたので。その後、荒川、長野、北海道あたりで使ってます。

Dsc01212

asics GELFETHER LT。日曜に勝ったものの1世代前のモデル。これは、昨年の隠岐の島ウルトラマラソン用に購入したが、悪天候で島に渡れずそのレースは走れなかった。その後、萩往還やしまなみ海道とウルトラで活躍。今は、練習用としてLSDやトレイルで使ってます。

Dsc01216

これは、トレイルシューズ。Montrail Hiline Verocity。昨年のハセツネを前に、神保町のさかいやスポーツで購入。トレイルシューズのメリットは、下りでの安定感。でも、練習ではあまり履かないため、まだ3回くらいしか使ってません。今年のハセツネもこれで走りました。

Dsc01219

asics SKYSENSER JAPAN。昨年の荒川マラソン用に購入。ほんとうはJAPANモデルではないのが欲しかったが、ちょうど買おうとしたときが、ニューカラーがでる頃で、アートにもB&Dにもなかった。このころは人生最好調のときだっただけにちょっと残念だった。レースのほうは、調整を失敗し撃沈。JAPANモデルは、ソールの作りが弱いので長持ちがしない。今は、練習用にまだ使っている。

Dsc01214

asics TARTHER JAPAN。これは結構長く使っている。というか1年に2回くらいしか履かない。ターサーは、マラソン用として使いこなすには、自分には力不足なので、ハーフ以下の距離の勝負用に1足もっているのだ。このシューズは、昨年の立川マラソンでハーフの自己ベストをサポートしてくれた。この記録はなかなか破れんと思う。もしかすると生涯ベストかも。

Dsc01220

asics LYTERACER。これも結構長く使っている。最初はマラソン用にと購入したが、ちょっと固めの作りなので、あまりなじめなかった。練習がてら出場するハーフなどに使っている。今週末のハーフでも使う予定。結構丈夫な部類に入るシューズだと思う。B&Dなどでは、陸上部の高校生用のアップシューズとして勧めていた。

Dsc01217_2

asics GEL FUJI。これは、トレイルシューズ。始めて富士登山競走に出たときに買ったので、2003年。だが、このシューズ下りにはあまり向かないし、翌年から富士登山も普通のシューズで出ているので、これはほとんど履くことがなくなった。よっぽど今回の引越しで捨てようと思ったが、ちょっとした登山なら使えるので置いといた。去年富士山に登ったときも使ったし。

以上、現在の総ラインナップ。

今は、日曜に買った靴で走るのが楽しみです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

定光寺詣で

P1020022_1 この前の土曜日、トレイル練習のスタート地点となった定光寺。このブログのタイトルにさせてもらっている尾張62万石の藩祖、徳川義直のお墓があるお寺である。トレイルのコースをいろいろネットで探っていく際に、ちょっと定光寺もググってみたら、そういうことらしいということで、勝手にお名前を拝借した以上お参りくらいはしとかないとというわけだ。定光寺は、犬山方面に向かうコースとは反対に位置し、逆方向に進むことになる。JR定光寺駅からは、1.5kmくらいなのでこれが+3kmになった訳だ。

副住職さんのブログもありました。

P1020023_1ご本堂もなかなか落ち着いた雰囲気だ。

源敬公廟、義直公のお墓は、ご本堂から少し離れたところにある。葵の御紋の唐門の向こうにお墓は立ってました。ちょっと、江戸時代に作られたものには見えなかったけど。

P1020024_1 P1020026_1P1020025_2

ここは紅葉もきれいらしい。今シーズン、もう1回走りにくるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海自然歩道を走る

この週末名古屋に来て始めてトレイル練習が実現した。トレイルで手始めといえば、東海自然歩道という訳でもないが、東京の高尾から大阪の箕面まで全長1,697kmに渡って、国が整備したものだ。さすがに案内標識もコースもきちんと整備されている。手始めとしては賢明な選択という判断だ。

残念ながら、大阪にいる時はトレイルなどという言葉も知らず西の端は足を踏み入れたことはないが、東の端は高尾から一部飛ばして丹沢の姫次まで足を踏み入れた。トレイルを始めたころだったと思う。東海自然歩道は自分にとってトレイルの原点だ。

綿密な?計画のもと、定光寺~犬山城までを今回のコースとした。
こちら参考にしました。
おしどり夫婦「東海自然歩道の旅」

P1020021P1020020_3 土曜日の朝、やや寝坊してというか立ち上がれなくて、8時30分ころ自宅を出発。電車の乗り継ぎが良いと、1時間かからないが、結構ローカル区間になり10時前に出発点であるJR定光寺駅に到着。そばを流れる庄内川もなかなか豪快な流れだ。

始めはそれなりに山道が続き、出発から約1時間30分弱で、本日の最高峰弥勒山に到着。最高峰といっても、437m。奥多摩や丹沢なら1000mは軽く超える山々が続くがそれと比べれば楽勝かと思っていた。が、その後も結構小刻みなアップダウンがあり、何よりも小気味よいのぼりくだりなので、結構走れるのだ。まさしくトレイルランである。

P1020033

P1020031_1P1020032 

結局は、最初の登りで結構足を使ったようで、ランは結構きつかった。思ったより足も進まず、予定の犬山城の約7km手前の名鉄善師野駅で終了した。今週も先週に引き続き距離を勘違いしていて、結局31km+3km走っていたようだ。+3kmについては別の記事にします。

P1020035 その後は、あらかじめネットで調べていた。小牧にあるスーパー銭湯へ。やはりこの瞬間がたまりまへん。休日でも650円。このあたりは物価の安さを感じるところです。ここ結構よかったのでまた何かのときに使いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケータイの夜明け前に

街を(街でなくてもいいけど)うろうろしていると、時としてちょっと首を傾げたくなるようなものや、思わず笑ってしまうようなものを目にすることがある。名古屋に来てこれといって、そういうものを見かけなかったのだが、日曜日にLSDで走っている途中でついに目にしてしまった。その名も、

P1020026

ドライブスルー公衆電話

その正体はというと、なんのことはない車に乗ったまま公衆電話をかけられるという仕掛けになっているようだ。

もちろん、誰もがケータイを持っている今、使う人いないよなと思いながら思わず立ち止まって写真とってました。(運転中の携帯利用はご法度ですが)

P1020025_1 これ、いつ作ったんだだろう。とか
ほかの場所にもこんなのあるのかな。とか
できたときは、考えた人は表彰されたんだろうな。とか
償却が残ってるから、やめられないのかな。とか

など、この後走りながら、いろいろ、くだらんことを考えてました。

マックのドライブスルーでは、携帯のIC機能で支払いできるのかななども。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

愛知池までLSD

かかとが痒くなってきた。ずっとバンソコ貼ってたので無理もない。しかし、こうなると治ってきた証拠。指で押さえてもあまり痛みもないので、以前知り合いから、ペース走用のいいコースだと聞いていた愛知池まで、LSDをすることにした。

ちょっと、愛知池までの距離を読み間違え、結局10kくらいあったようで。1時間以上かかる。この池は、愛知用水の水量調整用につられたらしい。1周7.2kmという表示がある。また、ここはボート競技用のコースが作られていて、艇庫もあり、学生っぽいひとから、愛好者まで思い思いに練習していた。

P1020022P1020023P1020024

冬になると風がきつそうなことも考えられるが、7kmくらいのちょうどよい周回コースで、ペース走にはよさそうだ。一方で、最寄り駅の名鉄米野木駅、黒笹駅をチェックしたが、両方とも半無人駅のようで、コインロッカーはなし。電車移動での練習は難しそうだ。

結局なんだかんだで、走った距離は32kmくらいになったと思うが、今年は山を走ってないせいか足が全然もたない。ま、そのために練習してるのだが。マラソンに向け、継続的に練習が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅伝大会

うちの会社、どこへ行っても駅伝大会がある。サロマや富士登山など、どうしても会社を休まないと出れない大会があるが、自分が走るのが趣味ですよとあらかじめアピールしておけば、理解を得られやすい場合もある。逆にこういう場合はまっさきに声がかかる。

今日は、その駅伝大会がランナーにも有名な庄内緑地公園で行われた。

Dsc00002_1出るつもりだったが、ハセツネで負傷したかかとが完治せず、同じ課の新入社員に代わりに走ってもらう。本来は、新入社員は進んで出んかい!というとこなのでしょうが。新入社員君頑張ってました。→

庄内緑地公園ですが、庄内RCなど全国的にも有名なクラブが練習ところだけあって、1周2.3kmのコースなど走る環境はばっちりだ。お天気もよく、コースを2周と芝生を少しJOG。まだ、左足がやや違和感ありです。

Dsc01208 治療中ですが、徐々に回復はしてます。明日走りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第14回日本山岳耐久レース

この週末、昨年に引き続き「日本山岳耐久レース」通称、長谷川恒男CUP(ハセツネ)に出場した。山を走るのは、6月に高尾から五日市まで走って以来、その間に富士登山競走には出ているものの、約4ヶ月ぶりのまさにぶっつけ本番となった。RUN練習そのものも、あまりピッチがあがっておらず、不安は募り10月に入ってからは、とても不安定な精神状態であった。

レース当日、6時30分頃に名古屋の自宅を出発。前日、急遽仕事が入りあまり落ち着けぬままの出発となる。三連休だったが、中日ということもあり新幹線もそれほどの混雑はない。新横浜で横浜線に乗り換え、つい最近まで乗りなれたルートで奥多摩を目指す。10時30分武蔵五日市到着。いつもはハイカーで賑わうこの駅も、今日ばかりはトレイルランナーの姿ばかりだ。途中のコンビニで水と食料を調達、受付を済ませ、東京のRUN仲間Iさん、平塚24時間仲間で初出場のYさんと合流し、健闘を誓う。

台風が発生したり、金曜日は関東地方は大雨だったらしく、昨年のことが頭をよぎったりもしたが、天気は快晴、前日に路面もほぼ乾いたようで絶好のコンディションでレースを迎えることができた。出場人数は昨年とあまり変わらなかったようだが、スタート地点に立つと、人数は多く感じる。心地よい緊張感のもと71.5kmの長丁場へ13:00スタート。

P1020007 スタート後、思いのほか体が動く。やはり体は、自分の動きを覚えているのだ。快調に歩 P1020008を進めるも、スタート時後ろの列に並びすぎたか、途中何度か渋滞に巻き込まれる。さらに、体は動いても練習は嘘をつかない。10km手前ですでに足に違和感がある。それでも、第一関門の浅間峠だけまでは明るいうちに着かねばとここは踏ん張った。苦しかったけど、この絶好のコンディションは絶好の景色という思わぬプレゼンをくれた。

渋滞のせいで、タイムを結構ロスする場面が多く、第一関門の浅間峠を昨年より約5分遅いタイムで通過。ここで、シューズの紐の締めかたがあまかったのか、かかとがすれているのを感じていたため、靴を紐を締めなおす。結果的にはとき既に遅しだったが。。。

P1020010 第一関門で、ヘッドランプをつけ、手にはマグライトを持って、ここからP1020013 は、いよいよ夜間走に突入する。ここで17時30分くらい。そろそろ周りも暗くなってくる。ここからは、あまり無理せず、マイペースで進めることで前に進む。三頭山に向かうコース上では、この雲ひとつない天気と、金曜日は十五夜だったおかげで、月明かりがとても明るく、夕方に見えた富士山が夜になってもくっきり見えた。ケータイのカメラなので写真とるのはちょっと無理やった。

P1020012第一関門から第二関門の月夜見山駐車場にかけては、意外に快調に進み、第二関門を昨年より40分早く通過。昨年は、ぬかるんだ山道に苦しんだが、そのことが気を楽にさせたのか。ここは給水ポイントで1.5Lの水がもらえる。3L担いだがここで、すでに2.2Lくらいを消費していた。ここで、サプリ系以外で、持参していたおにぎに2個を補給。

第二関門出発後、休みすぎたのか、疲労に体が悲鳴を上げたのか、急に体も冷えてきて足も動かない、途中幾度か立ち止まって休息をとるも、御前山に上る道中には睡魔も襲ってきて、ついに30分くらいの仮眠をとる。御前山から大ダワに向かう道中で、少しずつ体が動き始めたものの、40km~50kmはなんと3時間40分もかかった。当然かかとの痛みは続いている。

第三関門は、昨年より15分遅れで通過。御前山の壁の影響が残る。でも、残りは13kmちょっと、しかも下り中心である。もっともこの期に及んでは、下りも決して楽でない。ただ、早く終わりたいとの思いがあった。でも、この時点では昨年の記録はちょっと難しいかなと思っていた。

P1020014ラストとにかくがんばった。御岳山から五日市に向かう道は、都内が見渡せる。まさに日本一の夜景が眼下に広がった。特に日の出山からみた景色は最高でした。もう少し遅いと、ここから日の出が拝めるようですが、それはレース中にはみたくないですね。

P1020015金毘羅尾根を抜けて、舗装路に入るとゴールは目の前。残り5kmで時計 を確認すると、昨年の記録を上回るペース、いや頑張れば16時間も切れる。70kmのポイントを見失い最後半信半疑だったが、ぎりぎり16時間をきるタイムでゴールすることができた。一応の目標であった夜明け前のゴールを達成。(写真はもう少し明るくなってから)

この状態でも、コースコンディションは良かったので、なんとか昨年のタイムを上回るという目標はクリア。しかし、全体のレベルは当然あがっており、順位は150くらい下がる。目標はクリアできたが、結果には満足いかずといったところ。ただ、コンディションがそろえば13時間台は狙えるという確信はもてた。レース全体としても、昨年の完走率が約50%に対して、今年は75%やはり絶好のコースコンディションだったようです。

Dsc01205_1レース結果 15時間59分30秒 496位/1515名

Dsc01204しかし、レースで負った代償は大きく、靴を履いて100歩くらいは激痛が。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

結果発表

3万人が都心を走る世紀の大イベントの抽選結果がでた。私のところに来た結果は「落選」。私の知り合いからはまだ、「当選」の声は聞けていない。今日は、いたるところのメールやブログでこの話題が盛り上がっていることだろう。

落選はしたが、マラソン愛好者として、ひとりの日本人として是非成功してほしい。この大会の成功は、続く東京オリンピックにもつながるはずなのだ。出場されるかた、応援しまっせ。

今週末は、ハセツネですが、今年も天気がやばくなってきました。ふー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな試合もある

昨日になってしまったが、始めてナゴヤドームにて野球観戦した。もちろん、対戦カードは、カープ-ドラゴンズ。朝から、結構そわそわしてました。

18時すぎに、同じ広島生まれの後輩と一緒に会社に出発、市民球場ならそごうで、神宮なら、外苑前からの道すがら、横浜でもそれなりにビールと食材を調達しての球場入りということになるが、なにせ初めてなもので最近ナゴヤドームの隣にできたAEONのショッピングセンタに寄るも、これが広いのなんの。ジャスコは球場と反対側で、おまけに発泡酒しか置いてない。次回からは、コンビニを利用という結論となる。

肝心のゲームですが、優勝目前のチームとの違いが出てしまったようなゲームで、特にコメントのしようもありません。今年、観戦試合4戦4勝ももろくも崩れ、ほとんど最低の部類のゲームを見ることになってしましました。

P1020001P1020004最終回、レフトの応援席に陣取って応援してきました。関東のファンに比べるとまだ迫力不足かな。ラッパもいまいちやったし。

今日も、小島は援護がなく、サヨナラ負け。小島に勝たせてやりたいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

顔のにやける日

カープが勝って思わず顔のにやける日。1シーズンに何度かあるけれど、正に今日はその日だ。もちろんその主は、「赤いハンカチ王子」

今シーズン左腕の先発投手初勝利だそうだ。左の先発といえば、大島、ベイルくらい、ぱっとせんかったもんね。でも、ここにきて、今日の斉藤もそうだが、小島も含め左の楽しみな若手だ出てきた。大島とあわせ来期が楽しみである。斉藤と小島は今シーズンまだ登板機会がありそう。(斉藤のあとに投げた24番も相変わらず期待しているが、あの投げ方大丈夫かいな?)

ジャイアンツ戦も勝ち越し。ジャイアンツの背中もくっきり見えたことだし、また4位の可能性が出てきた。

一方、しかたないことだが、5選手が戦力外となった。まだ、何人かが追加されていくと思われるが、戦力のかさ上げを期待したい。

さて、いよいよカープが名古屋にやってくる。ドラゴンズ優勝ムードのなか、あきらめかけていたが、会社の人からチケットを譲ってもらった。ドラゴンズファンの人からなので、レフトスタンドだけど、ビジター席にあらず。小声で応援したいと思います。今シーズン観戦ゲーム4戦4勝の力をナゴヤドームでも見せたいと思う。

| | コメント (2)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »