開幕シリーズ

無理だと思ってましたが、チケットが取れたので行ってきました。

結果は、チーム力がそのまま出てしまったようなゲームだったような気がします。でも、これにめげず今シーズンも応援していきます。

それにしても、この試合でブラウン采配に首をかしげたファンも多かったのではないでしょうか。

3回、先頭の天谷選手がヒットで出塁し、1点を追う展開で開幕から不振の梵選手。ここはバントの場面ですが、そんなそぶりもないまま三振。
長いシーズンを見据えて、バントを選択しなかったということでしょうか?

6回、2点を追う展開で、2死ながら1,2塁のチャンス。ここでバッターはピッチャー長谷川の場面で、代打送らずあえなく三振。その裏、中村紀に駄目押しともいえる2ランをあびる結果となりました。
確かに、前のイニングでいい感じになってきたかなというのもありましたし、長谷川は大竹に次ぐ柱と期待する選手ということなのでしょうが。

今日は、開幕シリーズということで、カープ応援団も多かったです。広島、関東、関西からも集結していたようです。

旗や、来ているハッピを見ればわかるのですが、なによりもトランペットが上手でした。

第三戦、最終回の応援シーンです。 Author: vaal41 Keywords:  カープ 中日 ナゴヤドーム Added: March 30, 2008


N川さんも早く戻ってきてくださいね。

創建ホームCMサムライ(15秒) 栗原 梵 大竹 永川 Author: hidakayahidetaro3 Keywords:  広島東洋カープ 創建ホーム CM 栗原 大竹 永川 Added: March 20, 2008

| | コメント (6) | トラックバック (0)

とても残念

日曜日、東京荒川市民マラソンを走ってきました。昨年は、湘南マラソンに浮気したので、2年ぶり5回目の出場になります。

結果は、3時間51分50秒。低調な記録に終わってしまいました。

昨年の湘南マラソンで思うような結果が出ず、その気になるまで頑張るマラソンは封印しようと思い、自分なりに1キロ、1キロの積み上げをしてまた記録を狙ってみようという気になりました。

自己ベスト(3時間36分19秒)は、2004年の河口湖マラソンで出した記録、これはその前の大田原マラソンから、中1週間もないなかでの記録だったので、問題なく越えられる記録だと思ってました。が、その後、レース中に貧血になったり、腹痛が起きたり、血糖値が急に下がったりと、マラソンに対して恐怖心をもつようになり、それから3年以上も越えられないでいます。

今シーズンは、11月の揖斐川マラソン、12月のNAHAマラソン、2月の東京マラソンと一定のペースで走るように心がけ、記録的には4時間をきるくらいだけど、大崩のないレースができるようになってきました。また、年末くらいにあるきっかけで、走りがスムーズになってきたこと、長い距離は走れなかったものの正月からコンスタントに練習ができていました。誤算といえば、青梅マラソンを走れなかったことくらいです。

東京マラソンが終わったあと、荒川で今どのくらい走れるか頑張ってみようかという気になったのです。

最近も結構調子がよかったので、わくわくしながら当日を迎えました。朝ホテルを出る前と、会場で2回トイレにも行き、めずらしく落ち着いた気分でスタートラインに立てました。

スタートもまずまず、160前後の心拍、キロ4分45秒くらいのペースで調子よくいってました。

ところが、17kmくらいで腹痛を感じ、ついに我慢できず折り返し点でトイレへ行くことに。それなりにスムーズな排出もできたので、痛みさえ治まればまだ大丈夫だと思ったものの、そこから最後まで大小の痛みはゴールまで続き、失速していったのです。

腹痛はある程度克服できていると思っていただけに、気持ち的にもきつかったです。

今回は悔しいというより、残念の一言です。

まあ、あれから1年しかたっていないんだし、そう甘いもんじゃない。やっぱり。

| | トラックバック (0)

社会復帰してます

月曜日に再度診察を受け、「もう普通ですね。」というドクターの一言で、あっさりと社会復帰しました。実際は、金曜日はまだ充血がありましたが、土曜日にはほとんど見た目分からない状態、それほど大事にはいたらなったようです。

東京マラソンの感想なども書きたかったのですが、そうこうしているうちに先週も犬山ハーフに出場したりして、タイミングを逸してしまいました。

一言でいうと、とても気持ちよかったです。東京マラソンの感想を聞かれたら、走る習慣が無い人にも、「出たほうがいいよ」といってます。

走りながら撮った写真を少々。

スタート

Img_0853 

梅の湯から皇居に向かう道もなんか別の場所のよう

Img_0860_2

増上寺と東京タワー

Img_0866_3

銀座は感動です

Img_0867_2

いよいよゴール

Img_0871_2

無事完走。姑息に4時間をきる。

さて、荒川は頑張りたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

隔離してます

東京マラソンで走りながら、キョロキョロしすぎたのか?火曜日の午後くらいから左目が気になりはじめ、そうこうしているうちに涙が止まらなくなるわ、目やには出続けるわで悲惨な状態になりました。

まあ、一晩寝れば治るだろうという安易な期待はみごとにはずれ、翌水曜日も症状は続き、午後からは右目にも伝染する始末でした。たまらず、会社近くの病院に行こうと思ったら、なんと水曜午後は休診。昨日はひたすら耐えることになりました。

本日、とりあえず涙目と目やには止まりましたが、両目ともひどい充血で悲しい表情です。是非もなく、朝一で昨日行けなかった会社近くの病院に飛び込んだのでした。

見ていただいたところ、

ドクター「はやり目の可能性がありますね。伝染しやすいので会社休まれたほうがいいですね。診断書書きますよ。」
私「伝染ってどういうふうにうつるんですか?」
ドクター「ウィルスですからね。接客業なんかだとよくないですね。人と接しますから。お仕事はどんなことされてます?」
私「デスクワーク中心ですが。」
ドクター「極力目に触らないようにして、触った場合は必ず手を洗ってなるべく他の人と接触をさければ、まあなんとか大丈夫でしょうけど。」

てな感じでした。とりあえず、2,3日で充血がひけば、そんな重症ではないようです。月曜日に再度診察を受けることになりました。

どうしたものか、上司と相談し、大事な会議や緊急な仕事もないことから、本日と明日休みを取ることにしました。週明けまで会社から隔離状態となります。

帰り際、多少の引継ぎ事項を同僚に話したところ、どう見ても病人だと言われました。見た目はそうとう怪しいみたいです。

ただ、冷静になって考えてみるとはやり目で会社休むなんて聞いたことないし、このリンクをみると、なんとなく子供がかかる病気ではないかという気もします。

ともかく、無茶苦茶元気な安静状態です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

We made it together

いよいよ東京マラソンが今週末に近づいてきました。たぶん、これまでのレースよりも違う雰囲気を味わえるのではないかと楽しみにしています。

この記事のタイトル「We made it together」ですが、第1回大会で記録証を入れた封筒に添えられた言葉だそうです。フィニッシュしたランナーに、ランナーだけでなく、応援した人、ボランティアの人たち、裏方さんみんなでやり遂げたという思いが込められているそうです。

ベースボールマガジン社から、「東京マラソン」という新書が出ています。この本は東京マラソン開催の実務責任者であった遠藤雅彦氏のもので、上記のようなものを初め、東京マラソン誕生までのさまざまなお話が書かれています。

何故3万人なのかとか、コース設計の話、スタートの演出の話など、これを読めば東京マラソンを10倍楽しめるといえるかもわかりません。2,3時間あれば読める内容になっていますのでお勧めです。

今年は、運良く私もランナーとして出場することができます。これまでにない、一体感を味わいたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今週はこちらも

今日は予報どおり、10時過ぎからパラパラと雪が降り始め、昼過ぎには一面真っ白になってしまいました。先週の関東地方と同じくらいの積もり具合です。ついさきほど、雨に変わりましたがこのぶんでは、明朝は歩行注意となりそうです

いつもの川沿いのランニングコースも雪景色です。

Img_0841

その雪の降り始めたころから、東山一万歩コースのクロカン部分を1時間ほど走ったあと、名城大のトラックで200mのインターバルをしました。トラックを走る頃には、足元は雪で、地面を蹴ることがほとんどできませんでした。そういうときこそ、地面に足をしっかりと着地させて走ることが必要で、体幹を使って走るということを実感できたような気がしています。思い過ごしかもわかりませんが。

P1000062

関東は、明日の朝にかけて降るようですが、今週末のレースも中止になるかもわかりません。Jognoteで見た感じではあまり大きな大会はなさそうですが。

Img_0839 

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京遠征

あっという間に今年も2月になってしまいました。

今年は、できるだけ毎日走るようにしようと、朝夜を問わず時間があれば走ろうと決意してスタートしました。それが、ブログを書けない原因といえば、言いすぎのような気もしますが、まだ板についたとは言えないのでしばらくこの調子が続くでしょう。

さて、この週末は青梅マラソン出場のため東京に行きました。私と青梅マラソンとの付き合いは長く、今年で12回目の出場となるはずでした。。。

前日の土曜日は、陸連主催のランニングクリニックに参加しました。豪華コーチ陣で有名なイベントですが、参加する機会がなく前から一度参加してみたいと思っていました。今回、たまたま青梅マラソンの前日ということで申し込んでみたのです。

全体的にあわただしかったですが、なかなか充実のクリニックでした。私が受講したのは次のようなものです。

フラット走法 前河コーチ

フラット走法といえば、前河先生。以前にもお話をお聞きしたことはあるのですが、今回改めて新鮮な感覚で聴くことができました。あとはどこまで取り入れることができるか。

筋トレ&ストレッチ 渡嘉敷コーチ

筋トレ中心でした。スタビリライゼーションは是非とりいれたいと思います。左右のバランスの悪さも改めて認識できました。翌日は、みょうーな筋肉痛が。

相談会 安田コーチ

私の中級レベルは、安田、渡嘉敷、鍋倉というコーチ陣のどこかのグループに入るのですが、迷ったあげくランナーズでもよく登場される新日鉄君津の安田亨平コーチのグループに入りました。いろいろ参考になる話が聞けました。

そのあとは、LAMPROSさんの軽い飲み会に参加。遅れていったという理由でごちそうになりました。すいませんお気をつかわせまして。東京マラソンでもよろしくです。

翌日のレースのあるかたや他にももろもろあり、早々にお開きとなり、方向が同じのjkさんとホームで電車を待ちながら、携帯で翌日の天気を確認すると、なんと雪だるまマーク。この時点で中止をほぼ確信しました。

日付が変わる頃から冷たい雨が降り始め、TheEND。

青梅マラソンは、前回の1996年の大会の中止も経験してます。このときは所沢に住んでましたが、今回のような遠征レースでの中止は初体験です。

長く走ってるといろんなことがあるものです。

なによりも、ちょっと気合を入れて走ろうと思っていただけに残念です。

東京マラソンのお天気を祈りましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年のストーブリーグ

今年のストーブリーグ、各球団の戦力補強もほぼ終了しました。
わが、カープはエースと4番がチームを離れるという一大事となり、来期に向けて希望をもてない悲しい日々が続きました。

黒田、新井マネーは、どこに使われていくのだろう。とりあえず、外人は大型補強ができたようですが、これは未知数。

新人選手もこれまた未知数。

来期は、今の市民球場最後の年になります。可能な限り最後の市民球場にも行きたいなと思ってます。期待したいと思います。

広島に創建ホームという住宅建設会社があります。そのCMは歴代カープの選手がでています。
そのCMが来年から変わるようです。
http://www.daily.co.jp/baseball/2007/12/20/0000776557.shtml

これまでの出演者。
大野さん セーブなど
江藤選手 ホームランなど
黒田選手 最多賞など
新井選手 ホームランなど
とすべて、タイトルフォルダーです。

今回は、やたらたくさん選手を選びましたが(つまりスターがおらん)、
大竹選手 奪三振
永川選手 セーブ
栗原選手 ホームラン
梵選手 盗塁
くらいは可能性があるので、そうなってくれると上も見えてくる。

新しいCMは1月から放送されるようで、帰省のひとつの楽しみとなっています。

さて、今年の補強、まだ一つ残ってますね。
新井の保証です。今岡がプロテクトから外れるという噂あり、どうなることやら。

創建ホーム Author: matuwi Keywords:  新井 黒田 カープ Added: November 8, 2007


| | コメント (0) | トラックバック (0)

じつは欲しかった

街なかでジョギングやウォーキングをやっている人たちや、銭湯でもたくさんの人が持っている。今年の夏は、とても暑かったので近所でも首にかけている人も結構みかけた。

郷に入ればといいますが、さすがにライバルチームのグッズだけに、お金をだして買うわけにもいかず、新聞屋さんあたりがくれないかなと思っていたのですが、

ついに、

今年の1年愛読のしるしとしていただきました。

少しうれしかった。練習後の銭湯で使いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

第23回NAHAマラソン

先週になりますが、NAHAマラソンに出場しました。そもそものきっかけは、3月の湘南国際マラソン後に荒川市民マラソンに出場したメンバーとLAMPROSの打ち上げに参加した際、yon5g先輩が「NAHAはいいよー」といったことから始まった。今年のランナーズ大会100撰のうち出場していない大会が唯一この大会だったこともあり出場を決めました。もっとも、当のyon5g先輩はイタリアに行ってしまいましたが。。。

もちろんセントレア(中部空港)からの出発となりますが、どこもそろそろクリスマスの装いです。

Img_0642_2

土日の2日間はとても天気がよく、空から見る景色も爽快そのものでした。

Img_0660

が、朝からどうも体が重い。数日前からやや風邪ぽかったが、なんとか大事にならずにすんでいたものの、この日も少々風邪のような症状が感じられる。ホテルに到着後、今回同宿の千葉から来られるjkさんの到着を待つ時間、散歩がてら薬局さがしです。常備薬を無事ゲットしました。

Img_0670

jkさん到着後、こうなったら荒療治という訳でもないが、受付会場までjogで行きましょうお誘いをすると、jkさんも2週間くらい走ってないとのことで、片道1.5kmくらいの道のりをゆっくりとJogしました。

受付会場では、こんなものを発見。マラソンもYoutubeかと、偉く感心していまいました。

Img_0662

この「感動キャプチャープロジェクト in NAHA」私は出演しませんでしたが、帰ってから見てみるとなかなか面白いです。

その後なんとか体調も持ち直し、LAMPROSさんの前夜祭に参加。代表のさわっちさん、この前夜祭を企画頂いたりえさん、wさんは、走らないのに駆けつけて頂き、レース中は熱い応援をもらいました。あと、sayaさんjrを加えた4名の応援でしたが、もっとすごい応援のように感じ元気をもらいました。ありがとうございました。

さてレース当日、目が覚めるととりあえず体調は大丈夫そうです。会場に到着すると、北摂仮装軍団に次々と遭遇、集合場所がよくわかってなかったのですが、ちゃんと会えるものです。

今回は、東京国際女子マラソン「市民の部」の標準記録である3時間30分を狙うsayaさんに20kmくらいまでは、キロ5分ペースで行ってお付き合いする予定でした。しかし、当のsayaさん、一緒に来たお子様が体調を崩し一時は断念のメールをもらいました。ちょっと予定が狂い、どうしたものかと思いつつスタートを待っていると、後ろのほうからsayaさんが現れ、とりあえずめでたしめでたし。まわりのかたのサポートもあり、なんとかスタートできたようです。

始めはゆっくりの出だしでしたが、絶好調のsayaさんぐんぐんスピードを上げ、キロ4分45秒くらいになったところで、ついていくのをあきらめました。7キロももたず脱落です。情けなし。

その後は、キロ5分くらいで行けたのかというと、どうも体が重く10キロを過ぎてもぜんぜん乗って来ません。いっこうに気持ちも乗ってこないため、無理はせず体の動くまま進む。20キロくらいでキロ5分40-50秒くらいのペースになり、こりゃ最後まで持つかなと思いましたが、この先はこのペースで最後までキープすることができました。

スタート前の予定からは、約10分くらい遅れてのゴールでしたが、崩れたわりにある程度持ち直すことができ、自分ではそれなりに収穫かなと思っています。また、暑かったですが、今年の名古屋の夏の暑さのなかで練習したことを思えば、たいしたことありません。でも、沿道の氷はとても助かりました。数々のエイドに感謝。

その夜は、仙ちゃんが手配してくれた生演奏つきの打ち上げに参加。皆さんまずまずの成績で満足そうでした。私もそれなりに飲み、食べたため、翌日はほとんど食欲なし。

翌日は、首里城を観光。

P1000060

ほんとうは、被爆地に生まれた人間として、平和公園とかひめゆりの塔とかに行きたかったのですが、今回は日程があわず断念。次は行ってみたいと思います。

今回の成績 3時間55分59秒 1314位

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«第1回生駒チャレンジ登山大会